会計ソフト・記帳代行でお悩みの方へ

安心を支え続けて60年

東京・大田区大森の税理士税理士法人益子会計

税理士法人益子会計

税理士法人益子会計へのお問合せ

〒143-0016 東京都大田区大森北1-5-1大森駅東口ビルディング7階

会計ソフトの導入、定期的な記帳、
やる気だけで足踏みをしていませんか?

税理士法人益子会計 青木昭吾

こんにちは、青木です。
小売店や中小企業の経営者様にとって経理事務は本業とはいえない、いわば雑務。
伝票類の記帳や給与計算などの作業時間は少しでも削減し、本業に専念したいとお考えのことでしょう。

かといって経理専門のスタッフを雇用するほどでもないという場合におすすめしているのが、会計ソフトの導入と記帳のアウトソーシング化です。
会計事務所がサポートする正しい会計処理ですから確定申告や税務調査の際にも安心。銀行からの心証もアップします。

移行したいけれど、忙しくて足踏みしている……
という状況でしたら、まずは益子会計にご相談ください。
プロがサポートしますので、簡単、スムーズに移行していただけます。

御社のスタイル、方針にマッチする
電子化をお手伝い

確定申告の電子化が進んでいるように、経理・会計事務の電子化は企業規模や法人・個人を問わず、導入が急がれる課題です。
電子帳簿に関する法制度も年々整い、各種帳簿類のデジタル保存も可能になってきました。

デジタル化と聞いて腰が引けるでしょうか。導入する気は満々だが、本業に追われて先延ばしにしているという声も聞こえてきそうです。
けれど実は、電子化の推進は経営者様にとって大きな朗報です。 ここは、ご自分ですべてやろうとなさらず、プロにご相談ください。
適切な会計ソフトの導入や、記帳アウトソーシングは、本業の生産性を高めるうえでも、経営者様が数字を客観的に把握するうえでも、非常に有効な戦略的取り組みとなります。

税理士法人益子会計では、お客様の実情と課題、IT環境や習熟度に合わせ、会計ソフトの導入をサポートするとともに、わずらわしい記帳の代行をお引き受けします。

自己流よりプロの進め方でおこなう適切な会計処理は、税務署や金融機関のお客様への印象を高める要因とともなります。
会計ソフト、記帳代行それぞれについて、益子会計の考え方をお伝えします。

税理士法人益子会計の相談風景
お客様がお使いになりたい会計ソフトで

会計ソフトの導入について、益子会計では、お客様がお使いになりたい会計ソフトを導入し、益子会計がそれに合わせるべきと考えています。
そのため、特定の会計ソフトをお客様に強要することはしておりません。

とはいえ、法人様も個人事業主様も「弥生会計」をお使いのお客様が圧倒的に多いのは事実です。
弊社でも前代時代からホームページ上で「弥生会計塾」をお届けしており、「弥生会計」を導入されたお客様のサポートを続けてまいりました。
会計初心者からベテランまで幅広く対応しており、安定性と使いやすさにすぐれたソフトと認識しています。

また、昨今、個人事業主様に人気の高い「弥生会計クラウド」「freee」「MFクラウド」「マネーフォワード」など、クラウド型の会計ソフトにも対応できる組織作りを心がけております。
それぞれの特徴、メリット、デメリットを把握し、お客様に合うソフトを選定することをおすすめします。
そのアドバイスもお任せください。

プロチームが対応、税務調査も安心な記帳代行

会計帳簿類の記帳をプロにアウトソーシングすることにより、細かい事務作業が低減され、本業の生産性を高められるという大きなメリットがあります。

しかし、さらに大きなメリットがあります。益子会計の記帳代行は単なる代行業務ではありません。
経理業務に精通した専属の記帳チームが対応するため、突然税務調査が入ったとしても帳票類の不備を心配する必要がないのです。
経営者様にとって、この安心感は大きいはずです。

また、記帳したデータを元に月次レポート等、お客様が必要な書類を作成、分析します。
導入のお客様からは、これらの数字を具体的な戦略に役立てることができると、ご好評をいただいています。

このような場合にご相談ください
会計業務の圧倒的な時短が実現します
  • 多忙で経理に手が回らない
  • 会計ソフトを導入したいが
  • 消費税・簡易課税の記帳が面倒
  • 多店舗化に会計処理が対応できていない
  • 保険請求など、専門的な処理が面倒
  • 確定申告の間際にまとめて処理している
  • FCで本部への提出書類作成に時間がかかる
  • 経理・総務の担当スタッフを置いていない
  • 経理の専門知識がなく収支を把握できていない
  • 正しい経理書類かどうか判断できない

「申告・納税・税務調査」
を見据えた電子化を

働き方改革が叫ばれる今、総務スタッフ様や経営者様ご自身の働き方を見直す意味でも、経理事務の電子化は非常に有効な手段です。
しかし、その際、効率化のみに目がいき、安価な記帳専門会社に依頼すると、せっかくの電子化も十分に機能しないことになりかねません。

ほとんどの記帳専門会社は、ルールに沿って単純に記帳するだけ。御社の事業内容を把握し、確定申告・納税・税務調査まで見据えた書類作成をおこなうことができません。
税務調査が入った場合、会計事務所はその場に立ち合って説明することができますが、記帳専門会社は立ち合うことができないため、経営者様がすべて説明しなくてはならなくなります。

また、記帳データをベースにした書類を発行し、経営者様の戦略をサポートすることも、記帳専門会社ではできません。
会計ソフトの導入、記帳のアウトソーシングは、そこまで考えて決断されることをおすすめします。
私ども益子会計は、会計ソフトの使い方サポート、記帳業務、月次監査、申告、納税に関するアドバイス、税務調査まで、総合的に対応します。

経営無料相談

無料相談のお申込み、お問合せ

ご依頼のプランにお迷いの方、
経営改善のご相談の方、
まずは50分の無料相談をご利用ください。