お客様の声[有限会社 山栄建機]

安心を支え続けて60年

東京大田区大森税理士法人益子会計

税理士法人益子会計

税理士法人益子会計へのお問合せ

〒143-0016 東京都大田区大森北1-5-1大森駅東口ビルディング7階

「当社の課題を共有していただき
経営に伴走してもらえる頼もしさを実感しています」

有限会社 山栄建機
代表取締役 蛭田 貴之 様

有限会社 山栄建機 代表取締役 蛭田貴之 様と税理士法人益子会計の菅野代表

大田区大森を拠点に、クレーンリース業ならびに、とび・土木工事業で、大小さまざまな建設ニーズに応えている山栄建機様。
現社長の貴之様が大手ゼネコンから家業に入られ、事業の成長を加速させていくタイミングでご相談にみえたのがお取引のはじまりです。
建設業許可の取得、現金主義から発生主義への転換、設備投資のための資金調達などの新たな取り組みを、経営支援の立場でサポートさせていただきました。

事業の発展、成長を支える頼もしい経営パートナーとして

やりたいことを理解し支えになる存在が経営者には必要

2代目社長として、家業のクレーンレンタル業のさらなる発展、拡充に努めておられる有限会社山栄建機の蛭田社長様。社長として会社を引き継ぐ前に、率直に相談できる会計パートナーを地元の大田区に求めておられました。

有限会社 山栄建機 代表取締役 蛭田 貴之 様

30歳で家業の山栄建機に入るまで、私は大手ゼネコンで施工監理に従事していました。
当時、ゼネコンにはクレーンオペレーターの養成機関がありました。
職人的な技術を持つオペーレーターを社内で育て、現場の質を高めていく風土が根付いていたんです。
私もそこでオペレーターとしての技術を身につけ、また建設業界の仕組みや業務の流れ、下請業者としての家業の位置づけや役割なども覚えました。

右肩上がりの経済が終わりを迎えると、各種業界の再編と平行して建築現場の再編も進み、あらゆる技術仕事、職人仕事がアウトソーシング化に向かい、私の部署も解体の危機に。
それが実家に入ることを決意するきっかけとなりました。

実家では、クレーンオペレーターとして自ら現場に出つつ、いずれ社長を継ぐことを意識しながら、事務長の母から企業会計や資金繰りについて学びました。
当時の税理士さんはご高齢の先生で、「まかせておけば安心」という安定感はありました。
けれど、事業拡大の意欲に燃えていた私は、もっと率直に経理や経営のことを相談できるパートナーを求めていました。
やりたいことを理解し、支えになってくれる存在を切実に必要としていたんです。

金融機関から評価される企業へ

都市部での建設工事に特化したクレーンを導入することへの熱意、事業規模だけでなく、企業としての位置づけを変えていきたいという熱意にお応えし、すぐ行動に移せる具体的なアドバイスをさせていただいたことが、今に続く信頼関係のスタートとなりました。

有限会社 山栄建機様との打ち合わせ風景

「大森」「会計事務所」でインターネットを検索し、ピンと来たのが益子会計でした。
地元ということもあり、名前は以前から知っていました。
しかし、長年付き合ってきた税理士さんの手前もあります。
まずは話を聞きに行ってみようと、事務長と一緒に無料相談会に出かけ、現状の経営状態や今後の展望を率直に伝えました。

その際、その場ですぐ的確な返答をいただけたことに驚きを感じました。
当時、都市の建設工事に特化した新しいクレーンを導入するための資金調達に苦心していましたが、公庫の借入の可能性や書類等の実務のことだけでなく、都の建設業許可を得ることなど、非常にこまやかなアドバイスをいただき、目の前が開けたように感じられたものです。
また、当社の会計業務に関するアドバイスが胸に落ちたのは、事務長も同じだったようで、帰路は互いに「行ってよかった」と話し合ったことを覚えています。

2012年6月から経営支援業務でエムディーマネジメント株式会社に入ってもらい、決算後の区切りのいいところで益子会計と正式に顧問契約を結びました。
前の税理士さんとトラブルなく円満に移行できるよう、時期や方法をアドバイスいただいたのも非常に助かりましたね。
以来、会計業務全般をサポートいただき、私自身も経理、経営についていろいろ勉強させてもらっています。
金融機関から信用面で評価されるようになれたのも、益子会計のサポートのおかげと感謝しています。

人事、経営の相談も率直に

蛭田様は35歳で社長に就任。益子会計では菅野が担当し、毎月訪問して会計上の情報共有とあわせ、人事や経営の課題、今後の展開など、あらゆることを率直に打合せするようにしています。
蛭田社長の思いを受け止め人事・労務面のサポートを安心して任せられる社労士さんも紹介させていただきました。

私が入社して以来、当社は拡大路線で事業を展開してきました。
その勢いで、昨今も、つい次の展開を急ぎがちなのですが、菅野さんはそれを戒めて、堅実な方向へと思考を引き戻してくれる、いわば経営の先生のような存在。
最近も「今はリスクを負って外へ向かうより、危機感を持って内側を固める時期」というアドバイスに納得したところです。

たしかに、経済の先行き不透明感と働き方改革の波のなかで、建設業界は新たな課題と直面しています。
そこで勝ち残っていくためには、企業としてのブランド確立と、それを裏打ちする技術力の確保が不可欠。そのためにも若い技術者の育成が大きな課題なんです。

そうした課題にも一緒に取り組み、立ち向かっていってくれる頼もしさを、菅野さんはじめ益子会計にはいつも感じています。
ご紹介いただいた社労士さんも、当社のことをよく理解してくださり、いろんな面で応援してくださっていることを実感します。
当社の発展とあわせ、私の経営者としての成長も末永くサポートしてくださることを心から期待します。

有限会社 山栄建機(さんえいけんき)様のご紹介
有限会社 山栄建機(さんえいけんき)様

1977年創業、1994年法人化。
クレーンを中心に大型建機をオペレーター付きでリースし、都内をはじめ首都圏近郊の幅広い建設現場をサポート。
3t~10tのミニクレーンから220tの大型クレーンまでを取り扱いピタゴラスを含む17台を保有し、約10名のオペレーターが勤務。
地域に根ざした堅実な社業を貫き、技術力と機動力でクライアントのニーズに応えています。

所在地 東京都大田区大森北6-7-2

有限会社 山栄建機
有限会社 山栄建機
有限会社 山栄建機

お客様の声[一覧]

税理士法人益子会計にお声をお寄せいただきました皆様、ありがとうございました。

経営無料相談

無料相談のお申込み、お問合せ

ご依頼のプランにお迷いの方、
経営改善のご相談の方、
まずは50分の無料相談をご利用ください。